SSブログ

崖の上のポニョとオペラ?! [映画]

仕事関わりで松たかこ主演の「告白」という映画を見てみたかったので、DVDをレンタルしました。送料とのかねあいでついでにまだ見ていなかった宮崎駿のアニメ映画「借り暮らしのアリエッティ」と「崖の上のポニョ」も一緒に借りました。「告白」は原作を先に読んでいました。「借り暮らし」は子供たちが小さかったころ読んだ「床下の小人たち」と関係があるらしいと思っていました。どれもけっこうおもしろかった。ひさしぶりの映画鑑賞でした。

崖の上のポニョ [DVD]ところで、「崖の上のポニョ」は魚が主人公ぐらいの予備知識しかなかったのですが、その魚のもともとの名前がブリュンヒルデには、びっくり。彼女が好きになった男の子のもとへつっぱしるときの音楽がワルキューレの騎行にそっくりというか、明らかにあれをもとにしているのにまたびっくり。このアニメでワーグナーに出会うとは夢にも思いませんでした。


もうひとつ。宗介とポニョがトンネルに入っていくシーンは、「魔笛」のタミーノとパミーナの試練の場を連想しました。







オペラ映画 イェンス・ノイベルト監督「魔弾の射手」 [映画]

知りませんでした。新国「ルサルカ」のテレビ放送の記事にコメントくださった方からの情報で、びっくり。オペラ映画「魔笛」と同様、ルネ・パーペが隠者役で出演だそうです。オラフ・ベーアって1985年のドレスデンの映像でもキリアンの役をやってました。27年の時を経て同じ役で映画出演とは・・。グルントヘーバーが領主オットカール。ずいぶん老けた領主様ですね。ドレスデンやシュツットガルトの映像の若い領主様のほうがいいわ。若さ故に了見の狭い領主が隠者に諌められるって感じでぴったりだと思いますけどね。写真で見る限り、カスパールとマックスの区別がつかない感じ。やっぱりカスパールは悪い奴ってすぐわかるのがいい。キャストの説明によると、カスパール役のバリトンは最近のバイロイト「マイスタージンガー」のベックメッサー。マックス役は、ずっと以前に見た「エウゲニー・オネーギン」(バーデンバーデン1998年)でレンスキーでした。どちらも全然覚えていません。

最近は新情報からすっかり遠ざかってたということですねぇ・・ ホフマンのマックスのアリアが聴けたところなのは、奇遇。有楽町まで見に行く気にはなかなかなりそうもないです・・そのうちDVD出るでしょうか。テレビでやってくれるともっとありがたいです。

オペラ映画『魔弾の射手』予告編
3/10(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町にて公開

演奏:ロンドン交響楽団 指揮:ダニエル・ハーディング
2010年 スイス 2時間22分
監督:イェンス・ノイベルト

領主オットカール:フランツ・グルントヘーバー(Br)
アガーテの父クーノー:ベンノ・ショルム(B)
アガーテ:ユリアーネ・ヴァンゼ(S)
エンヒェン:レグラ・ミューレマン(S)
カスパール:ミヒャエル・フォッレ(B)
マックス:ミヒャエル・ケーニヒ(T)
隠者:ルネ・パーペ(B)
富農キリアン: オラフ・ベーア(Br)

配給:セテラ・インターナショナル
予告編ユーチューブ
http://www.cetera.co.jp/madan/

関連記事:
コンサート@パリ♪序曲とアリア♪♫
ケネス・ブラナー監督映画「魔笛」
新国 魔弾の射手
魔弾の射手
舞台収録映像:ドレスデン1985年
舞台収録映像;シュツットガルト1983年





バベル [映画]

バベル スタンダードエディションこれも積極的に見たいとは思っていなかったのですが、テレビ録画で。予想通り、好きな映画ではなかったです。「バベル」という旧約聖書から取ったと思われるタイトルにぴったりの内容とは思えませんでした。「風が吹けば桶屋がもうかる」的物語でしょうか。因果は巡る糸車かな・・ だけど、巡り方があんまりツボにはまってない。実話ではないようですが、実話だとしたら、へぇ〜〜ってなもんだと思います。監督は実話タッチ、ドキュメンタリー風を意図したかったのかも。

続きを読む


ブロークバックマウンテン [映画]

ブロークバック・マウンテン プレミアム・エディションテレビ録画。アメリカ(2006年)
男同士の愛の軌跡を描いた映画。評判は聞いていた映画ですが、積極的に見たいとは思わなかったものです。

続きを読む


カポーティ [映画]

カポーティ コレクターズ・エディション楽屋落ちというか内輪ネタにすぎる。「冷血」という小説や、カポーティという人物に相当興味がないとおもしろくないのではないだろうか。


エーリッヒ・ケストナー原作の映画 [映画]

エーリッヒ・ケストナー(1899ドレスデン-1974西ドイツ)の本は、自身子どもだったときと、子育て期間中に読んだものです。古い映画をテレビで見たこともあるような気がしますが、はっきり覚えていません。最近と言ってももうだいぶ前ですが、「飛ぶ教室」が時代設定を変えて、新しく映画化されたということで、機会があったら見たいと思っていました。そこで、ものはついでなので、ケストナー原作の映画をまとめてレンタル視聴しました。

続きを読む


王は踊る [映画]

王は踊る『カストラート』のジェラール・コルビオ監督、フランス語 ずっと気になっていていた映画です。そして、昨年、常時おじゃましているCeciliaの部屋で取り上げられて、ぜひ見たいと思いました。それでも、なかなかチャンスがありませんでしたが、昨年末、テレビ放送があって、ついに見ることができました。

続きを読む


ドレスデン [映画]

ドレスデン-運命の日-空襲といえば、もちろん伝聞ですが、私の中ではまず広島。それから、書物で知った長崎、東京大空襲や野坂昭如の「火垂るの墓 」など関連で、大阪大空襲、そして両親から聞いた地方小都市での空襲体験等々。

続きを読む


手紙 [映画]

手紙 スタンダード版昨年TBSで。Orfeo.blogに記事があるのをいまごろ知って、思い出しアップです^^; 東野圭吾の小説が原作の日本映画。たまたまつけたテレビでやっていて、引込まれてしまいました。

続きを読む


戦場のアリア [映画]

戦場のアリア スペシャル・エディション戦争と音楽がとりあえずのテーマの映画、「戦場のピアニスト」というのもテレビで見ましたが、なんだかもやもや感があるような感じでしたし、「戦場の・・」はもういいというところで、この「戦場のアリア」は題名は知ってましたが、見たいとは思いませんでした。けれども、この間見たテレビ用映画「ニーベルングの指環」でちょっと変わった魅力を発散していたジークフリート役の俳優ベンノ・フュルマンが出演しているというし、歌は私も映像ではけっこうおなじみの目下「旬」の有名オペラ歌手、ナタリー・デセイとローランド・ビリャゾンだというので、見る気になったというわけです。原題、JOYEUX NOEL クリスチャン・カリオン監督 2005年、フランス、ドイツ、イギリス合作映画

続きを読む