So-net無料ブログ作成

ウェストサイド物語 [映画]

このミュージカル、映画はテレビでもよく放送されていたし、いくつかの歌はどこかから耳にはいって、なじんでいましたが、バーンスタインの作曲だと認識したのはずっと後でした。
作曲者が自分で指揮し、歌手も有名オペラ歌手で、録音をするという企画で、全曲盤が出ています。そのメイキング・フィルム、録音現場の緊張、妥協、葛藤、思いやりなど、芸術家、技術者、企画者など立場の違い等々が垣間みられておもしろいです。
特にトニー役のホセ・カレーラスが英語で苦闘する様子が見所?!でしょうか。参考
The Essential Bernsteinペーター・ホフマン&デボラ・サッソンの録音もあります。 
ちなみに、二人は1983年〜1990年結婚していましたが、
ハンブルクで彼女がマリア役だった舞台を見て、
彼がひとめぼれ?したのが出会いだったそうです。

『1981年、ホフマンは難しい役柄であるトリスタンに、初めて挑戦した。レナード・バーンスタイン指揮の下、多角的演奏会形式であったバーンスタイン指揮での演奏に接した結果、ぜひとも全幕を普通の舞台でホフマンを見たいという強烈な熱意を目覚めさせた、マルチビジョンコンサート形式であった。

 バイロイトでは、1月の始めにハンブルクでも歌ったローエングリンを歌い、録音した。その年のハンブルクでの契約は、彼にとって公私共に重要なものだった。ハンブルク歌劇場のアンサンブルメンバーの中に、ウエストサイド物語のマリア役として、アメリカ人の若いソプラノ歌手、デボラ・サッソンがいた。ホフマンはバーンスタインのこのオペラを見て、そのヒロインに恋をした。

デボラによると彼は、心のこもった言葉でいっぱいの素敵な手紙を書いたが、彼女はまだ指揮者である夫と離婚していなかったので、返事をしなかった。

二人が真に出会い、愛を確かめあうまでには、おおかた一年の歳月を要した。二人が、マスコミにはじめて目撃されたのは、パリのガルニエ宮のローエングリンでのオープニングの時だった。この頃からデボラ・サッソンは彼の生活のあらゆる面で、重要な役を演じるようになった。』〜We Need a Hero

nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 8

タラバ之助

私もトニー役:ホセ・カレーラスのCDを買いました。たまたま金管五重奏でウェストサイドをやることになり、原曲をまずは聴こう!!と思い、CD屋で何気なく買いました。このブログを読んで、早速このCDを探して聴いていました。いいですねぇ。やっぱり「マリア」が一番きれいな曲かな・・・・・・
by タラバ之助 (2005-02-20 12:59) 

TARO

この「ウエスト・サイド物語」、ずっと聞いてませんが『重いなあ』というのが最初の感想でした。当時は、オペラ歌手を起用するならキリとカレーラスじゃなくて、バーバラ・ヘンドリックスとジェリー・ハドリーあたりだろうと思ったものですが。
今聞いてみたら、またちょっと違う感想を持つかもしれません。
by TARO (2005-02-21 02:47) 

euridice

>タラバ之助 さん
いらっしゃいませ!はじめまして。
トランペットをなさるなんて、いいですね。管を吹くのは気持ちがよさそう・・・

>オペラ歌手を起用するなら
「有名」な歌手を使いたかったんでしょうか。DGか、指揮者自身か、どっちの意向かわかりませんけど・・・ 当時のヘンドリックスの知名度については知りませんが、ジェリー・ハドリーの知名度は国際的には低いんじゃないですか。バーンスタインのロドルフォ@ボエームですよね?だいぶ最近になって「放蕩者のなりゆき」、とんでも演出の「こうもり」(ザルツブルク)などでお目にかかりました。
by euridice (2005-02-21 08:33) 

TARO

ヘンドリックスはもう大スターだったと思いますね。彼女の名前が日本のファンに強く印象つけられたのは、マゼールの「ポーギーとべス」で、70年代の半ばですから。(キリ&カレラスの録音は85年ごろのはず)

ハドリーの名がいつごろ出てきたかは覚えてないんですが(ソプラノ以外についてはあまり記憶力が良くない・・・)、テノールには詳しくない私がそのころそう思ったと言うことは、それなりに有名になっていたはずですね。ヨーロッパ・デビューは82年にウィーン国立歌劇場みたいです。
by TARO (2005-02-22 01:52) 

euridice

TAROさんは並の聴き手とは言えませんよ^^きっと。
>キリ&カレラスの録音は85年ごろのはず
CDにそう書いてあります。

例えば、私がオペラに興味を持つ前か、持った直後のころ、キリ&カレラスなら名前ぐらいは知っていたけど、ヘンドリックス&ハドリーは知らなかったと思います。ヘンドリックスはもしかしたら、歌曲かなにか聞いたことがあったかもしれないんですけどね。キリもはじめに聞いたのは歌曲のCDでした。ちなみにハドリーのロドルフォ@バーンスタイン指揮は1987年の録音です。
by euridice (2005-02-22 09:42) 

keyaki

ミラノ・スカラ座バージョンの「ウェストサイド物語」の記事を書きましたので、TBとリンクさせていただきました。TBの承認よろしくお願いします。
by keyaki (2008-07-02 08:24) 

euridice

keyakiさん
TB、ありがとうございます。こちらからもTBさせていただきましたので、よろしくお願いします。

>「ウェストサイド物語」
これはミュージカルでも、バーンスタイン作曲だからか、オペラ歌手が出演してもすんなり受け入れられるのかもしれません・・
ホフマンが「オペラ座の怪人」に出演したときは、ずいぶんと叩かれたということです。
by euridice (2008-07-02 09:17) 

サンフランシスコ人

今日(12月5日)は、カレーラスの誕生日です。

by サンフランシスコ人 (2008-12-06 06:01) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1